疲れたときは、からだを動かす!

アクセスカウンタ

zoom RSS 筋力評価とWBI

<<   作成日時 : 2016/09/15 00:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりのブログ更新です。

先週は10日(土)に船橋整形外科、11日(日)には西川整形外科(佐倉)で、
トレーナーや理学療法士(PT)を中心とした病院スタッフを対象に講演をした。

船橋整形では「筋力評価」、西川整形では「コンディショニング」がテーマだったが、
いづれも講演後の質問が最も多いのは体重支持指数:WBIに関することだった。

WBIを発表して(世に出して)ちょうど30年経ったが、

いまだに多くの方々や施設で使われており、また関心を持っていただいていることを
あらためて実感したし、嬉しかった。

運動の基本は体重の移動であり、
自分の体重を支えるだけの十分な脚筋力があるかどうかを評価するという、
WBIは極めてシンプルな下肢の運動機能評価である。

国際武道大学に助手として着任した1年目の1985年、
体育大学生の600脚の膝関節伸展最大筋力のデータを打ち込み、
算出した体重当たりの平均値がちょうど1.00になったとき、
鳥肌がたったのを覚えている。

1990年からは新入生全員に行うメディカルチェック(傷害予防のための運動機能評価)の
測定項目にWBIも取り入れ、毎年約500名1000脚の筋力を測り続けている。
今年で26年目となり、測定した総数は26341脚となった(平均0.96、ただし傷害を有するもの含む)。



『WBI』は当時私の上司だった国際武道大学助教授の黄川昭雄先生が命名した名前。

体重当たりの膝関節伸展筋力を体重支持指数(Weight Bearing Index ; WBI)として表し筋機能評価の指標としたもの。


【黄川昭雄,山本利春:体重支持力と下肢のスポーツ障害,Jpn.J.Sports Sci.5:837−841,1986.】

【黄川昭雄,山本利春,他:スポーツ傷害予防のための下肢筋力評価.整形外科スポーツ医学会誌,5,Suppl.:213-215,1988.】


その後、このWBIと歩行、ジョギング、ジャンプなどの運動機能との関係から各運動機能別にみたWBIの値を発表した。


【山本利春,黄川昭雄、他:アスレチックリハビリテーションにおける下肢筋力評価の検討,第39回日本体育学会大会号,309,1988.】

【黄川昭雄,山本利春,他:アスレチック・リハビリテーションにおける下肢の機能および筋力評価,臨床スポーツ医学,5,Suppl.: 213−215,1988.】


この運動機能別WBIの値を機器を用いずに簡便に評価できないだろうかという視点で、
高さの異なる台からの立ち上がり能力からWBIを推定する試みをしたのが友人の村永信吾氏(亀田クリニック)である。

【村永信吾:立ち上がり動作を用いた下肢筋力評価と臨床応用,昭和医学会誌,61(3):362‐367,2001】


【山本利春、村永信吾:下肢筋力が簡便に推定可能な立ち上がり能力の評価,Sportsmedicine, 41:38−40, 2002】http://trainer1985.kir.jp/rensai/conditioning_05.html


そして、近年では、この立ち上がりテストはロコモ度テストの測定項目として採用され、さらに全国的に広く知られ活用されている。

ロコモ度テストの立ち上がりテストはWBIを評価するための簡易テストといってもよいだろう。


このように、WBIの考え方は、スポーツ選手の傷害予防からアスリハ、一般市民の健康の維持増進、老化対策に至るまで、様々な分野で応用されている。


しかし、WBIをもっと有効活用するためには、WBに影響を与える要因を知り、WBIIだけでは評価することが難しい機能を把握し、さらにWBIの応用によるオプション機能についても知ってほしい。



今回、WBIを次世代に伝える機会を得て、あらためてそう感じた。
参考までに関連文献を示しておく。


WBI関わる筋力評価の概要を知るには以下の文献を参考にするとよい。

【山本利春:筋力評価とスポーツ復帰−WBIを中心として−.スポーツ外傷・障害とリハビリテーション(福林 徹編),pp.108-115,文光堂,東京,1994.】

【山本利春:測定と評価−現場に活かすコンディショニングの科学−.ブックハウスHD,東京,2000】


【山本利春:アスレティックリハビリテーションにおける筋力評価の留意点,トレーニング科学,14(2):75‐84,2000】



等速性筋力測定機器を用いた速度別WBIの評価をまとめた学位論文
【山本利春:膝十字靭帯損傷後のアスレティックリハビリテーションにおける等速性筋力の評価と特異性,昭和医学会雑誌,60(1):69−79,2000】


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
筋力評価とWBI 疲れたときは、からだを動かす!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる