疲れたときは、からだを動かす!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アクティブレスト」って知ってますか?

<<   作成日時 : 2007/08/23 01:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、本で取り上げたためか「アクティブレスト」のことについて聞かれたり、メディアの取材を受けることが多くなった。15年前に実験で調べた研究結果を学会で発表して、その後もさまざまなスポーツ選手に有効な方法を試してきました。今回はちょっと長いけど、このアクティブレストを紹介します。
知っていたようで知らなかったこと。言われるとそうなんだよな、と納得する疲労回復の極意です。

<アクティブレストって何?>
 日々の練習や激しい試合の後に、以下に身体に疲労を残さないかが、ケガやを予防し、その後の競技活動を低下させない重要な鍵になります。近年、その課題に有効な手段として「アクティブレスト」が重視されています。アクティブレスト(Active Rest)とは、欧米ではスポーツトレーニングの専門用語として使われるとともに、文字通りアクティブに活動しながら心身のリフレッシュを図るという意味合いです。日本語では普通、「積極的休養」と訳されます。意味としては、疲労回復には完全休養よりもあえて身体を積極的に動かし、能動的に疲労回復の働きかけをして休養を取るということです。疲れていればいるほど身体を動かしたくない、完全休息の方が楽だ…そう考えがちですが、アクティブレストでは、まったく逆の発想をします。そのほうが明らかに疲労回復が早く、スポーツ選手にとってメリットが大きいのです。

<最も身近な例は運動後のクーリングダウン> 
 典型例は試合後もしくは練習後のクーリングダウンです。一般的な傾向として、運動する前のウォーミングアップ(Warming Up;準備体操)は入念に行うけれども、クーリングダウンはおろそかになりがちです。しかしこれをしっかりやるかやらないかで、翌日以降のコンディションが大きく違ってきます。たとえばマラソンレース後にランナーたちは、ゴール後へたりこむのではなく、クーリングダウンとしていろいろなものを実践しています。まずはゆっくりペースでジョギングして、その後、酷使した筋肉をアイシングしたりストレッチングしたり。これら一連の行為は、効果的なアクティブレストとして位置づけられます。

<主運動と同じ運動を軽めに> 
 クーリングダウンとして、どのような運動を行うのが最も効果的なのでしょうか。スポーツ種目を問わず、軽いジョギングや体操はかなり以前から行われていました。それにストレッチングが加わったのが1980年代から。それほど選択肢があるわけではありませんが、運動後の疲労回復手段としては「主運動と同じ運動を軽めに」という考え方が一般的です。激しく使った筋肉を、行なった運動と同じような形態で軽い強度で動かし(軽めのキャッチボールやジョギングなど)、その後に疲労回復効果の高いストレッチングやマッサージ、あるいはアイシングを行うという方法が効果的です。

<試合間にもアクティブレスト> 
 スポーツの大会では、1日に何試合も戦うことが少なくありません。特に陸上競技、水泳といった記録を競う個人競技や、1対1で戦う格闘技などでは、1日のうちに予選から決勝までを勝ち進んでいくトーナメント形式がよく見られます。選手側にしてみれば、試合数が多ければ多いほど疲れます。勝ち進んだ段階では相手も同じ程度の試合数を経てきているのですから、条件としては同じですが、少しでも優位に立つためには、できるだけ疲労を残しておきたくない。前の試合の疲労を引きずらずに、可能な限りフレッシュな状態で次の試合に臨みたいものです。そこで、アクティブレストです。試合間というスポーツならではの特殊な時間帯に、いかにアクティブレストを有効活用するかが勝敗を左右することにもなります。

<試合翌日の過ごし方> 
 スポーツ界で最もアクティブレストが注目される場面といえば、「試合翌日」でしょう。従来のスポーツ界では、試合翌日はチームの拘束を解いて完全休養とするのが常識でした。休日を与えられた選手は、遊びに出かけるなり部屋でゴロゴロするなり、思い思いの過ごし方をしてリフレッシュを図り、再び練習に集合するというパターンです。ところが最近、少し様子が変わっています。アクティブレストの台頭です。試合翌日は完全休養でなく、あえて集合してアクティブレストをする。スポーツ種目を問わず、そんな過ごし方をするチームが増えてきました。そうしたほうが疲労回復の効率がよく、次の試合をよりよいコンディションで迎えられるからです。長期的なコンディショニングとしても、疲労の蓄積を軽減することができ、シーズンを通して良好なコンディションを維持することができます。実際に採用してみると、選手たちも実感として、「疲れが取れる」ことがわかるまでにそれほど時間がかからない。アクティブレストは比較的、即効性もあります。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「アクティブレスト」って知ってますか? 疲れたときは、からだを動かす!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる